■  最新の視力回復方法の人気ランキング公開中!


<< 自宅でできる!視力回復トレーニングランキング 【実績多数】 >>

1位 14日間視力回復プログラム 【川村博士の視力回復法”ジニアスeye"】
あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な「視力回復の第一人者」が「手術を一切しないで、簡単に視力を回復させる方法」を公開!2年以上の大ロングヒットノウハウ。30年間で97.8%の方が効果を感じている実績をお試しください。 >> 詳細を見る

2位 【1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法】
お子様の近視でお悩みの方に大人気!多くの子供の視力を0.8以上にアップさせてきた就寝前にするトレーニングとは?一流プロスポーツ選手も取り入れているこの方法は、さらに回復した視力を維持することが可能なのも嬉しい。     >> 詳細を見る

3位 【楽々!視力アップマニュアル】 -DVD・トレーニングキット付き-
プロトレーナーが全てを明かす!「90日間」子供の近視改善プログラム。トレーニングキット・DVDがついており、メールでのサポートや個別のアドバイスも充実しているのも人気の秘訣。まずは多くの喜びの声をご覧ください。         >> 詳細を見る

 

■  視力回復方法・トレーニングを考える


「視力回復方法・トレーニング@完全ガイド」にお越し頂きありがとうございます。当サイトでは近視でお悩みの方向けに、様々な方法やトレーニングをご解説するサイトです。右側のメニューからご自身にマッチしたコンテンツをご覧頂き、ご参考にして頂けたらと思います。それでは早速ですが見ていきましょう。

日本人の三人に一人は近視といわれています。原因は遺伝説、環境説、栄養説など様々な説がありますが、病気や怪我によるもの、また遺伝による先天的な近視でなければ、視力を回復できる可能性があります。子どもの頃は視力2.0だったのに、年をとると共に視力が低下した、というケースはよくあります。テレビの見過ぎや、勉強のし過ぎ、ゲームのやり過ぎとか、暗い所で本を読んでいるから、と良く言われますが、様々な生活習慣から、徐々に視力は低下するものです。最近はパソコンを使う人が多いのも近視の人が増えている理由でしょう。

視力回復の方法としては、@メガネやコンタクトレンズによる、視力矯正。A視力回復トレーニング。Bレーシックなどの目にレーザーをあてる方法による視力回復。C特殊な形状のコンタクトレンズを装着することで角膜の形を変えることによる視力回復(オルソケラトロジーなど)。今のところ、こうしたものがあります。

昔からある、視力回復方法は、メガネ・コンタクトでの視力矯正ですが、メガネだと外見がかわってしまったり、コンタクト・レンズを装着すると、目に悪影響を与えてしまうことがあります。レーシックなどの視力矯正手術は、ある程度、手術なので、やはり多少の不安もあるものです。

一番安全なのは、回復トレーニングですが、視力を充分に回復するためには、それなりの時間がかかりますし、必ず視力が回復できるとは限りません。特に中・強度の近視になると、回復にはかなりの時間と労力を必要とします。即効性があるものか。費用はどれくらいかかるのか。安全なものなのか。少しづつでも構わないから視力を取り戻したいのか。自分の生活環境、費用面、視力の状態も考えて、ご自分やお子様に合ったものを選ぶようにしましょう。

                              >> 次ページ : レーシックについて

■ 眼科関連最新ニュース